忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ギタマンの部員達による日々の記録(…多分)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/26 Smitha37]
[03/16 ますくまん]
[03/16 ぺぺぺ]
[02/03 Angellimmep]
[11/23 ますくまん]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは、お久しぶりです。

最近エロさが増してきたと噂のマスクから回されたので書きます。
2年ぶりでしょうか。私にブログ回すなんて、肝の据わった後輩です^^





さて、今日は大西功造さん率いる「Tutti i Preludi Sinfonici」という演奏会を聴きに行きました。

交響曲前奏曲と題された曲ばかりをやるという面白い企画です。
当部OBの先輩も出ていらっしゃいました。


今回限り即席の団体ということで、流派・所属の異なる色んな方が集まって構成されているのが印象的でした。

やりたい人がやりたいっていう気持ちで集まって、音楽を介して異文化の交流をするって、とても素敵なことだと思います。


我々も関マンに所属させてもらっていますが、この小さな世界はそう簡単に広がらなくて
春のジョイントコンサートで出会った阪マンや京マンのメンバーが、全マンに所属していることを羨ましく思うこともあります。


以前、けっこう昔、関マン校は阪マンに属していたそうです。
何かきっかけがあって別れてしまったそうですが、現在のメンバーはその経緯をあまり知らないんではないかと思います。(私もよく知らない)

じゃあまた一緒にやれないのかなー、とかって、思うんですけどね。
今のメンバーたちとか、指導してくださる先生方に、いさかいがないなら。


どのみち私が現役でいるうちにかなうことはないでしょうね。
とりあえず、関マンと関マンでの出会いを大事にしようと思います。

といっても、来年5回生の私は「存在しない学年の人」なんですがね。
どんな顔してトップ席に座ればいいものやら(笑)

まあ音楽が何とかしてくれますかね。
最後の関マンで、「(音楽に)国境なし」と銘打たれた曲をやるのも何かの因果でしょうか。







こんなまじめな話すると自分老けたなーって思う。
エレベーターのお姉ちゃんの声とか検証してるんは誰や!練習しろww


でも若いね…若いっていいね…
PR
≪  280  279  278  277  276  275  274  273  272  271  270  ≫
HOME
Comment
無題
エレベーターの話をした者です。
練習はその後の帰り道に自転車乗りながら妄想指揮をやりました。端からみたらただの変質者です。うへっ。
NONAME 2011/01/27(Thu)02:27:38 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  280  279  278  277  276  275  274  273  272  271  270  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]