忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ギタマンの部員達による日々の記録(…多分)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/26 Smitha37]
[03/16 ますくまん]
[03/16 ぺぺぺ]
[02/03 Angellimmep]
[11/23 ますくまん]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の外大との飲み会では
2次会で丸ちゃんがビートを効かせて、震えるハートで森進一を歌ってました。

ハート。

今回のテーマも勿論『愛』で決まりですね。
(ここのブログはもう愛についてしか書いてはいけないのかと錯覚に陥りました)


さて人間という生き物は人から愛される方が幸せでしょうか。
それとも人を愛する方が幸せでしょうか。

この難題に答えた人物がいます。


貧しい人々のために活動をしたヘレンケラーはこう言っています。

「慰めるよりも慰めることを
理解されるよりも理解することを
愛されるよりも愛することを」


また19世紀ドイツ詩人、リルケはこう言っています。

「愛されることは燃え上がることだ
愛することは尽きることのない油をもって照り輝くことだ」

愛するにはエネルギーが必要なのですね。
ポパイのようにほうれん草でなくプロテイン由来で大丈夫でしょう。

あぁ内輪ネタになりました。
すいません。


『愛する』と言っても色んな形があるのでしょうが
そもそも『愛』とはどういうことでしょうか。

その答えを有島武郎が述べてています。

「愛の表現は惜しみなく与えることだが
愛の本質は惜しみなく奪うものである」


例えば愛の表現で考えられるのはキスでしょうか。
それでは一体キスは何のためにするのでしょうか。

キスについてはある詩人がこう述べています。

「キスとは、互いの欠点が見えなくなるほど二人の間を近付けるための手段である」



愛されるより愛したい。
まじで。
PR
≪  98  97  96  95  94  93  92  91  90  89  88  ≫
HOME
Comment
ハート≠愛
無理やり「愛」に話を持って行かんでも…
じーらふ 2007/07/08(Sun)15:27:33 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  98  97  96  95  94  93  92  91  90  89  88  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]