忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ギタマンの部員達による日々の記録(…多分)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/26 Smitha37]
[03/16 ますくまん]
[03/16 ぺぺぺ]
[02/03 Angellimmep]
[11/23 ますくまん]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週金曜日(そうか、もう2日前なんや…)に、同志社女子大、大阪経済大、高知大のジョイントコンサートに、友情出演させていただきました!

端的に言えば
「楽しかった!」
に尽きます(´ω`)
コンサート終わった今、なんとも言えない身体の疲れと、えもいわれぬ寂しい感覚でいっぱいです( ̄~ ̄)
…いや、な、泣いてないっすよ(ノ_・。)

…今回はネタは少なめに、感想をつらつらと。抑揚少なめで申し訳ないっす!

思えばもう3ヶ月も前から、当日に向け、何回も打ち合わせに連絡のやりとりにを重ねましたねー。あっという間でした…。

最初にジョイントをやります、と言ったときには、みんな(特に1回生)「…え(゜Д゜)?」てな感じでしたね。僕の伝え方の問題もさることながら、未経験の、しかもイレギュラーな行事でもありましたし、そりゃ腰が重くても仕方ないなぁ、と思います。

正直なとこ、この時期が一番辛かったです…。市大から、果たして何人が出るのかなぁ、という不安でいっぱいいっぱいで…。
そのときに、特に上の回の方が本当に協力的にしてくださって、時に親身に、時に厳しく接してくれて、停滞する気持ちを「前に!」強く後押ししてくれました。
改めて、先輩みなさん、本当に、本当にありがとうございました!感謝でいっぱいです(/_・、)


友情出演の僕らは、主催の大学さんのサポート兼盛り上げ役を仰せつかったわけですが、うまく振る舞えていれば幸いですね(^^)v


振り返れば、同女のみなさんも、経大のみなさんも、高知大のみなさんも、本当にみんな演奏に真剣で、役員さんもすごく親しくしてくれて(特にF子ちゃんとか、会って一週間やのにw)多忙ながら楽しく仕事できたかな、と思います。
みんな、お疲れさま!ありがとう、やかましい役員ですみませんでした(ノ> <)ノ苦笑

さて、演奏会を無事に開くことできて、何が嬉しかったって、1回生のみんなが「楽しかった!出て良かった!」と言ってくれたことに尽きます(^-^)
それを聞いて、あぁ、僕らがやってきたことが無意味ではなかったんやな、また次に繋げられたかな、と感慨深かったです(*^-^)
ごめんなさい、これ書きながら思い出して涙ぐんでます苦笑


そういえば、当日、劇的のR(ゆったりメロディ二回目)に入った瞬間に、「あ、もう終わっちゃうんや…。」と少し寂しくなりましたが、同じ気持ちになった方、いらっしゃいますかね…?
あとアンコールはとにかく楽しかった!これぞジョイントの真髄、という気持ちでした♪

さて、そろそろ締めに向かいます。
曲目について、なぜにまた大トリ曲が「overture(序曲)」なのかな、とふと考えてみたことがありますが、何となく感じたことがあります。
そう、この春のジョイントが、これから始まる新体制一年間の「序章」なのではないかな、と。
これが終わりではなく、ここから始まるのだろう、と。
浅はかな解釈でしょうが、希望を込めた僕の願望、ということでご容赦いただけたらな、と(^^ゞ


僕自身、刺激受けっぱなしなジョイントでした。
これをバネに、更なる飛躍を目指して、ぎーたまーん、ふぁいっ!

以上、翌日SMD行くも疲労で撃沈しっぱなしなダメ役員でした(笑)
また感想などコメントに書いてってくださいな(・ω・)ノ
PR
≪  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  ≫
HOME
Comment
今後に向けてはなむけの言葉を。
出演してくれたみんなは本当によくやってくれたと思います。ご苦労様でした。
特に役員の子たちは大学をまとめるのと他大学との折り合いをつけるのとで上を下への大騒ぎだったことでしょう。いちどやってみないと分からない心労があります。

このジョイント、昨年も何の気なしに始めたわけではないのですが、やはり軌道に乗るまでにはみんなの協力はもとより、たくさん必要なことがありました。それでも今回の感想を聞いていると、それだけひとりひとりに何かしら訴えかけるものがあったように思います。それこそがやっぱりクラブ活動の原点だと思うので、それを体感してくれたら何もいうことはありません。

今後も人あるところに問題ありだとは思いますが、更なる発展と充実を期待しています!ではでは。
OBその① 2010/03/09(Tue)02:06:18 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]