忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ギタマンの部員達による日々の記録(…多分)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/26 Smitha37]
[03/16 ますくまん]
[03/16 ぺぺぺ]
[02/03 Angellimmep]
[11/23 ますくまん]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

部屋の気温は15℃。
煎餅布団と着古したパジャマ。
お世辞にも良い睡眠環境とは言えない。

布団にくるまり、目を閉じる。窓を曇らせる冷気がいつまでも、眠ってくれるなと頬を撫ぜる。
静寂が頭に入り込んでくる。疲れているのに冴えた脳が、独りでに回転を始める。



明日のこと。これまでのこと。
譜面には見慣れた自分の字。
思えば譜面も汚くなったものだ。


自分は上手くやれるのか、あるいは。
今日の練習の出来では集大成とは言い難い、でも本番であれだけ出来たら上出来だ、いや、しかし…。



答えなら出ているはずだ。
ここまで来たら、やれることをやろう。

見据えた前方、だが歩き出そうとする足に絡むのは、意外にも向上心。


これでいいのか。
まだいけるだろう。
そんなところで満足するのか。
肯定を許さない問いで自分を縛る。

今から寝る時間すら惜しくなる。18時間の内の、3分の1余りを何もせず過ごすのか?
いつもの洗面所でまだすべきことがあるんじゃないのか?



費やした努力を、割いた時間を計上する。
自分はきっと、よくやってきた。

ならば、きっと全てが報われる。
教卓に突っ伏した日々も、右腕が軋みを上げた合宿も、鏡の前でうなだれた夜も。

刻んだ拍の数だけ、指板を押さえた数だけ、弦を弾いた数だけ、自分は前に進んだはず。



だから、これでいい。
明日はきっと、美味しいお酒が飲める。
そうだ、お酒が美味しくて、楽しい仲間がいて、大切な人がいて、それでいいじゃないか。

微睡みが脳の回転を止めると同時に、結論染みた当たり前のことに気付いた。

自己暗示にも似た屁理屈を繰り返し口にする。


きっと全てが上手くいく。
だから、大丈夫。
PR
≪  233  232  231  230  229  228  227  226  225  224  222  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  233  232  231  230  229  228  227  226  225  224  222  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]